メール連絡をくださる方へ

稀に、既に使用していない旧アドレス(@yspec.comドメインのもの)宛にご連絡をくださる方がおられます。当該のアドレスは現在使用しておりません。ご連絡いただいていることに気付かず、返信が遅くなる場合がありますのでご留意願います。

通常、私からのメールにそのまま返信いただければ大丈夫なようになっています。また、本Webサイトのお問合せフォームからもご連絡いただけます。

[メール連絡等に関する他の記事]

緊急時のお知らせについて

2018年の夏は地震・豪雨・台風などの自然災害がたいへん多く、私からみなさんに緊急のお知らせをしなければならない状況がたびたび発生しました。状況に応じて該当する方に個別にメール連絡をしたり、このWebにてお知らせを掲示したりしてきました。

今後も緊急時には必要に応じて従来どおり適切な手段で皆さんにご連絡をいたします。また、緊急連絡の過去分については、Web上部のメニューにある「緊急時のお知らせ(アーカイブ)」に移動しました。必要に応じご参照ください。

(2018/10/29更新)

グループ体験

精神分析的な考え方に基づくグループ体験には、主に治療を目的とした精神分析的集団療法 psychoanalytic group therapyと主に専門家向けに集団について、そして集団と自分が相互交流をなす有様について理解を深める体験グループ experiential groupがあります。

精神分析的集団心理療法

心理療法をご希望でお問合せをいただいた方は、どなた様もアセスメント・コンサルテーションと呼ばれる段階を経ていただいています。これは、あなたがどのようなことにお困りで、何を望み、どのようなことを希望されているのか、今この段階で心理療法を受けることが本当にあなたの役に立ちそうか、役に立ちそうとするならば、どこで、どのような心理療法をどんなふうに受けるのがもっとも役に立ちそうか、あなたと担当者とで丁寧に話し合いながら決断してゆくものです。この話し合いの結果、精神分析的集団療法をご提案する場合があります。

※開催最低人数(5名)に達するまでウェイティングリストに登録してお待ちいただくことになります(2018年10月1日現在)。

体験グループ

医師・心理士・看護師・ソーシャルワーカー等の専門家の方で、集団力動について体験を通して理解を深めたい、集団の中にあって自分の心がどう影響されどう反応するのか理解を深めたい方は、体験グループが役に立つでしょう。

※子どもの心理療法支援会サポチル主催研修会の一部として開催していた「体験グループ」は、2019年度以降参加を募集しないことにしました。「体験グループ」をご希望の方は、同僚や仲間同士で最低開催人数以上まとまってお申し込みください。日程その他双方の都合が合う限り個別にお引き受け検討いたします。
詳しくはお問合せ下さい。 なお、最低開催人数は5名、最大人数は8名です。

参考になる文献

Caroline Garland (Ed.) 2010; The Groups Book: Psychoanalytic Group Therapy: Principles and Practice including The Groups Manual; The Tavistock Clinic Series; Karnac Book; London.

参考になる外部イベント

The Leicester Conference; The Tavistock Institute. – 毎年開催

緊急連絡はメールで届きます

今回の大阪北部地震に伴い、現在お会いしている方全員に緊急連絡メールを送りましたが、一部届かなかった方がおられるようでした。

こちらからの緊急連絡はメールで届きますので、あらかじめyukasendo.comからのメールを受け取れるようにしておいてください。設定によっては、届かなくてもエラーメッセージなどが一切帰ってこず、届いていないということもわからない例があります。届くかどうか確認したい方は対応しますのでお申し出ください。

設定に際してはこちらの記事(2018/07/09追記あり)もご参照ください。

なお、全体的な連絡事項はこのWebにも同時に掲示しますので、必要に応じWebもご確認くださいますように。

※諸事情により電話・FAXはありません。あらかじめご了承ください。

※稀に、既に使用していない旧アドレス(sendo @ yspec.com)宛にご連絡をくださる方がおられます。当該のアドレスは現在使用しておりません。ご連絡いただいていることに気付かず、返信が遅くなる場合がありますのでご留意願います。(2019/08/11追記)

ウエイティング・リスト登録中のみなさんへ

ウエイティング・リストに登録し、順番をお待ちいただいておりますみなさまにお知らせです。

現在とても長い間お待ちいただいているかたがおられることを認識しております。

あらかじめお知らせいただきましたご希望の曜日・時間、もしくはそれに近い曜日・時間に空きが出次第、お待ちの順番にメールでご連絡をさしあげます。

もしもお待ちの間に、連絡先メールアドレスや、ご希望の曜日・時間、その他ご事情が変わったような場合などには連絡いただけますようお願いいたします。特に連絡用のメールアドレスが変更になったときはお知らせください。

ご希望の曜日・時間の幅が狭くてゆるぎないほど待ち時間が長くなる傾向にあります。

なお、メールアドレスについてはこちらの記事もご参照ください。届くはずの返信が届かない場合などはぜひご確認ください。

【2019/07/01更新】ウエイティング・リストに登録中で、現時点までに私から連絡が届いていない方は、今のところ2019年度中に開始できる可能性はとても小さいと考えるのが現実的な見方であろうと思います。心理療法およびそれに先立つアセスメント・コンサルテーション、定期的なスーパービジョンともに状況は同様です。ご登録の順番にお声がけしてゆきますので、気長にお待ちいただけますようお願いいたします。
なお、臨床的観点から緊急の短期的危機介入が必要と考えられる場合などを除き、特定の条件によってお声がけする順番が変更になることはありません。安心してお待ちください。臨床的な事柄以外の事情によってお急ぎの方、特定の期日までに心理療法やスーパービジョンを開始する必要に迫られている方は、他の心理療法士等にご相談なさることをお勧めいたします。この点について迷っておられる方はお問い合せください。

【2018/02/22更新】現在、空きの時間がまったくなく、数セッションで完結できるコンサルテーション以外はすぐにご案内することができない状態になっています。大変申し訳ありませんが、お待ちいただくか、お急ぎの場合は他の心理療法士等にご相談なさることもどうぞご検討ください。

【2018/10/29追記】空きが出た段階で、ウエイティングリスト登録の皆さんの中からお待ちの順番に、念のために必ずしもご希望の曜日・時間そのものではない方も含めて、連絡をさしあげています。したがってご希望の曜日・時間の幅が狭くゆるぎないほど順番が回ってくるが遅くなります。皆さんそれぞれのご事情があることでしょうが、是非可能な限り柔軟に検討していただければと思います。

※なお、参考までに、朝帯(9時開始)・夜間帯(18時~21時)・土曜日限定でお待ちいただいている方は当面ご案内できる見込みが立っていません。

空き状況に変更がありましたら、随時このWeb上にてお知らせいたします。