新型コロナウイルス流行関連による影響について【2020/05/30更新】

注目

新型コロナウイルス流行関連に伴い、営業状況に変更が生じる可能性があります。該当する方には個別にメール連絡をするとともに、本欄でもお知らせいたします。懸念がある方は個別にご相談ください。

【2020/05/21更新】新型コロナウイルス感染拡大関連を事由に、自宅待機を選択された方は、状況に応じ、以下の期間中を対象に、キャンセル料を請求しない特別措置を適用できます。詳しくはセッション内でご相談ください。

対象期間: 2020/04/08-2020/05/21 (大阪府における緊急事態宣言期間)

古い情報はアーカイブに移動しました。いまご覧の記事は最新情報です。

(1)心理療法、コンサルテーション、スーパービジョンについて

【2020/05/30更新】通常どおりおこなうことができる状態を維持しています。

古い情報はアーカイブに移動しました。いまご覧の記事は最新情報です。

(2)セミナー、ワークショップ、グループスーパービジョン、チュートリアル・グループ等について

【2020/05/30更新】セミナー、ワークショップ、グループスーパービジョン、チュートリアル・グループ等(講師を含め3名以上で集まるもの)のうち、参加人数が少ないものから順に、通常運用に戻します。参加人数が多いもの(講師を含め6名以上)は、開催場所の状況等も鑑み、別途判断し連絡します。相談事項や懸念事項等がある方は、個別に相談してきてください。

古い情報はアーカイブに移動しました。いまご覧の記事は最新情報です。

(3)ウエイティング・リストに登録中のかた

ウエイティング・リスト登録者の方には、安全確保の観点から、新型コロナウイルス流行が落ち着くまで、新たにお会いするご予約をご案内いたしません。懸念等がある方は、個別にご相談ください。

なお、ウエイティング・リストの最新状況についてはこちらもご参照ください。【2020/03/30更新あり】

古い情報はアーカイブに移動しました。いまご覧の記事は最新情報です。

(3)その他共通事項

【2020/03/30更新】最新の情報は報道発表等で追っていますが、特に他県や遠方からお越しの皆さんは、私が情報を把握しきれない場合もありますので、各自の自治体等の状況も鑑み、ご自身でも適切にご判断くださいますように。懸念等がある方は、個別にご相談ください。

古い情報はアーカイブに移動しました。いまご覧の記事は最新情報です。

Consultations in English

We provide psychoanalytic psychotherapy for adults in Japanese and English. Please ask for details using the form here.

We are afraid that we would not be able to offer anyone an appointment immediately with large numbers of enquiries coming in at the moment. We are willing to do our best to refer you to appropriate services in collaboration with our colleagues.

If and when you are concerned about your children, we are able to refer you to the Child and Family Department in Shin-Osaka Psychotherapy Office.

Yuka Sendo CPsychol AFBPsS

メール連絡をくださる方へ

稀に、既に使用していない旧アドレス(@yspec.comドメインのもの)宛にご連絡をくださる方がおられます。当該のアドレスは現在使用しておりません。ご連絡いただいていることに気付かず、返信が遅くなる場合がありますのでご留意願います。

通常、私からのメールにそのまま返信いただければ大丈夫なようになっています。また、本Webサイトのお問合せフォームからもご連絡いただけます。

[メール連絡等に関する他の記事]

緊急時のお知らせについて

2018年の夏は地震・豪雨・台風などの自然災害がたいへん多く、私からみなさんに緊急のお知らせをしなければならない状況がたびたび発生しました。状況に応じて該当する方に個別にメール連絡をしたり、このWebにてお知らせを掲示したりしてきました。

今後も緊急時には必要に応じて従来どおり適切な手段で皆さんにご連絡をいたします。また、緊急連絡の過去分については、Web上部のメニューにある「緊急時のお知らせ(アーカイブ)」に移動しました。必要に応じご参照ください。

(2018/10/29更新)

グループ体験

精神分析的な考え方に基づくグループ体験には、主に治療を目的とした精神分析的集団療法 psychoanalytic group therapyと主に専門家向けに集団について、そして集団と自分が相互交流をなす有様について理解を深める体験グループ experiential groupがあります。

精神分析的集団心理療法

心理療法をご希望でお問合せをいただいた方は、どなた様もアセスメント・コンサルテーションと呼ばれる段階を経ていただいています。これは、あなたがどのようなことにお困りで、何を望み、どのようなことを希望されているのか、今この段階で心理療法を受けることが本当にあなたの役に立ちそうか、役に立ちそうとするならば、どこで、どのような心理療法をどんなふうに受けるのがもっとも役に立ちそうか、あなたと担当者とで丁寧に話し合いながら決断してゆくものです。この話し合いの結果、精神分析的集団療法をご提案する場合があります。

※開催最低人数(5名)に達するまでウェイティングリストに登録してお待ちいただくことになります(2018年10月1日現在)。

体験グループ

医師・心理士・看護師・ソーシャルワーカー等の専門家の方で、集団力動について体験を通して理解を深めたい、集団の中にあって自分の心がどう影響されどう反応するのか理解を深めたい方は、体験グループが役に立つでしょう。

※子どもの心理療法支援会サポチル主催研修会の一部として開催していた「体験グループ」は、2019年度以降参加を募集しないことにしました。「体験グループ」をご希望の方は、同僚や仲間同士で最低開催人数以上まとまってお申し込みください。日程その他双方の都合が合う限り個別にお引き受け検討いたします。
詳しくはお問合せ下さい。 なお、最低開催人数は5名、最大人数は8名です。

参考になる文献

Caroline Garland (Ed.) 2010; The Groups Book: Psychoanalytic Group Therapy: Principles and Practice including The Groups Manual; The Tavistock Clinic Series; Karnac Book; London.

参考になる外部イベント

The Leicester Conference; The Tavistock Institute. – 毎年開催